イメージ画像

2003年開業。
契約書やサイト利用規約などの作成/ひながた販売。法人設立。
業務提携プロデュース。全てのお客様にご満足頂くために。

アートとインテリアコーディネート 業務提携、契約書作成

【当事務所は、アートビジネスの支援・契約法務に取り組んでいます】

神戸アートマルシェに参画、お手伝いをしています。(昨年に引き続き、2017年度もボランティアスタッフ事務局をしています。
 →スタッフ募集について(ネットTAMキャリアバンク)

メディア・アート・音楽・クリエイティブの総合支援オフィス、オカダオフィスを開設(2012年4月〜)。神戸に加え、画廊・アートスポットが集積している東京を拠点とし、東西にまたがり、各種アートマネジメント活動を行っています。

アートマネジメント分野では神戸旧居留地のギャラリーと提携しています。
 →神戸旧居留地のギャラリー オープン(2012年4月1日)

インターネットラジオ局RadiCroを運営、ラジオ番組企画制作をしています。番組を持ちたい方、ゲスト出演して下さる方を募集しています。


【アートビジネスとインテリアコーディネート】
「居住空間の演出」は、アート作品購入目的のひとつです。そして、日本においても、生活の三大要素「衣食住」の住への意識が高まっています。

【インテリアコーディネーターとの提携・コラボレーション】
住宅リフォーム等の市場において「インテリアコーディネーター」の果たす役割が大きくなっています。

→内装工事店は内装・インテリアにかかる商品知識や施工技術には長けている一方、商品を売り込む芸術的な感性やプレゼンテーション能力を補うため、インテリアコーディネーターとの協働を求めています。

→この2つの能力を補い、プロデュース的な動きもできるインテリアコーディネーターは、内装工事店との協働が成立し、インテリアコーディネーターを軸として、内装リフォーム等の仕事が回ります。

→アートビジネスの事業者(ギャラリー等)は、インテリアコーディネーターを窓口・代理人として「アートによる居住空間の演出」を顧客に提案し、アート作品の販売を行うことも考えてみてはいかがでしょうか。

契約書ひながたダウンロード販売

書式(雛形)のダウンロード販売をしています。注釈付きです、お役立て下さい。
この書式を基にしたカスタマイズも、別途お見積もりにて承っております。

アーティスト・ギャラリー マネジメント契約書
 ※芸術家がアートギャラリーに自己のマネジメントを委託する契約書です。
 ※すなわちアートギャラリーが芸術家のマネジメントを引き受ける契約書です。
レンタルギャラリー (貸画廊) 利用規約
 ※レンタルギャラリー/貸画廊の利用規約です。
 ※保管・展示・販売などの業務をギャラリー主に委託する内容です。
アート作品売買契約書
 ※アート作品/美術品を売買する際の契約書です。
 ※アート作品/美術品の売買に特有の規定を記載しています。
アートレンタル_美術品賃貸借契約書
 ※アート作品/美術品をレンタル(賃貸借)する際の契約書です。
 ※アート作品/美術品のレンタル(賃貸借)に特有の規定を記載しています。
アート作品 保管・展示・販売業務委託契約書
 ※アート作品/美術品の保管・展示・販売業務を委託する際の契約書です。
デザイン・絵画・画像 商品化権 許諾契約書
 ※既存のデザイン、絵画・画像に基づくデザインを他企業やクライアントが利用して商品化する際の契約書です。
 ※「デザイン・絵画・画像」は必要に応じ「デザイン」のみに変更して下さい。
キャラクター商品化権許諾契約書
 ※「キャラクター」を他企業が利用して商品化する際の契約書です。
 ※「キャラクター」を「ロゴ」「ブランド」等に変更しての使用も可能です。
アート、デザイン商品化等業務ライセンス基本契約書+個別契約書
 ※創作物を「シーズ」とした事業化に関する権利者と事業者間の契約書です。
ライセンシングエージェント基本契約書+個別契約書
 ※何らかのプロパティの所有者やフランチャイザー等のライセンサーが「ライセンシングエージェント」に業務を委託する為の契約書です。
 ※ライセンサーはライセンシーとライセンス契約を直接締結し、「ライセンシングエージェント」にライセンス契約の契約締結代理の権限までは付与しないケースを想定しています。
デザイン業務委託基本契約書+個別契約書サンプル
 ※デザイン業務を外部のデザイナーに継続的に外注するための「基本契約書」、及びこの基本契約書に基づく「個別契約書」のサンプルです。
 ※アパレル・各種商品の制作、広告制作などの分野に適用可能です。
(BtoB)インテリアコーディネーター業務委託基本契約書+個別契約書
 ※インテリア関連事業者が、フリーランスのインテリアコーディネーターに対し、継続的に業務委託するための契約書ひながたです。
 ※インテリア関連事業者の例:住宅メーカー、リフォーム会社、建築事務所/設計事務所、建築会社/工務店/内装施工業者、インテリア関連商品メーカー/インテリアショップ
アートギャラリー_営業代理店契約書 (顧客紹介)
 ※アートギャラリーに顧客の紹介を行う営業代理店を対象とした契約書です。
 ※営業代理店としては、例えばインテリアコーディネーターが考えられます。
アートギャラリー_営業代理店規約 (顧客紹介)
 ※アートギャラリーに顧客の紹介を行う営業代理店を対象とした契約書です。
 ※「規約」の形式としています。(営業代理店を広く集める場合に適します。)
 ※営業代理店としては、例えばインテリアコーディネーターが考えられます。
イベント協賛(スポンサー)契約書
 ※イベント運営主体がスポンサーと取り交わす契約書です。
カメラマン(写真家、フォトグラファー)業務委託契約書
 ※カメラマンに写真・ビデオの撮影に関する業務を委託する際の契約書です。

契約書ひながた例 その1:アートギャラリーの営業代理店に関する契約書、規約について

アートギャラリー_営業代理店契約書 (顧客紹介)
アートギャラリー_営業代理店規約 (顧客紹介)

アートギャラリーに顧客の紹介を行う営業代理店を対象とした契約書/規約のひながたです。 営業代理店が行う業務は「顧客を募集・開拓し、紹介する」業務で、顧客との商品の売買契約の締結はアートギャラリーが行うことを予定しています。

アートギャラリーの営業代理店としては、例えばインテリアコーディネーターが考えられます。

その他:建築士、インテリアプランナー、インテリアデザイナー etc.

★「規約」の形式は、営業代理店を広く集める場合に適しています。(実情に応じて選択して下さい。)

契約書ひながた例 その2:(BtoB)インテリアコーディネーター業務委託基本契約書について

(BtoB)インテリアコーディネーター業務委託基本契約書+個別契約書

インテリア関連事業者が、フリーランスのインテリアコーディネーターに対し、継続的に業務委託するための契約書ひながたです。

インテリア関連事業者の例:住宅メーカー、リフォーム会社、建築事務所/設計事務所、建築会社/工務店/内装施工業者、インテリア関連商品メーカー/インテリアショップなど。

【(BtoB)インテリアコーディネーター業務委託基本契約書+個別契約書に含まれる条項】
-----------------------------------
第1条(業務内容)
第1項:甲が乙に委託するインテリアコーディネーターの業務の内容を、項目を列挙する形式で定めています。(実情に応じて、追加削除等の変更をして下さい。)
本契約書では、インテリアコーディネーターの業務内容として、以下の項目(種類)を挙げ、それぞれに説明を付記しています。

(1)ヒアリング業務
(2)プランニング業務
(3)商品選択業務
(4)プレゼンテーション業務
(5)見積り業務
(6)契約業務
(7)商品・素材の発注業務
(8)顧客同行業務
(9)納品業務
(10)アフターフォロー業務
(11)教育・育成業務
(12)顧問業務
(13)個別契約で別途定める業務。

第2項:スケジュール・期日については、別途定めるものとしています。

第3項: 継続的な業務委託契約においては、事務処理上の便宜や債権保全のために「基本契約」の締結が有用であり、一般条項その他個別契約に共通して適用される基本的条件は基本契約に規定しておきます。
→本契約は、個別契約に対する「基本契約」となります。
→個別契約は、必要に応じて作成します。個別契約には、個別具体的な事項を定めます。
※「なお、当該個別契約で本契約と異なる定めをした場合には、原則として当該個別契約が本契約に優先するものとする。」と定めています。 →もちろん「本契約を優先する」と規定することも可能ですが、個々の業務の実情に合わせた規定を個別契約に定めたほうが臨機応変に対応できることから、本案のように個別契約を優先させることが一般的です。

第2条(完全合意)
本契約の前になした甲乙間の取り決めで、本基本契約と「内容が相違するもの」がある場合、本契約の内容が優先することを確認しています。 →以前に御社と雇用契約・業務委託契約を締結していた場合であっても、本契約を締結した場合は、原則として本契約が優先することになります。

第3条(インテリアコーディネーターの資格・職歴、善管注意義務)
第1項:ここでは、乙が「公益社団法人インテリア産業協会認定 インテリアコーディネーター」の資格を取得していること、またはインテリアコーディネーターとしての職歴を有することを本契約締結の条件とした規定です。
第2項:一般的に受託業務の履行に関しては、委任事務の処理と同様に善良なる管理者の注意(いわゆる善管注意義務)をもってすればたりるとされています。「善管注意義務」は、その職業や社会的地位において一般に要求されている程度の注意義務のことです。

第2項:一般的に受託業務の履行に関しては、委任事務の処理と同様に善良なる管理者の注意(いわゆる善管注意義務)をもってすればたりるとされています。「善管注意義務」は、その職業や社会的地位において一般に要求されている程度の注意義務のことです。

第4条(業務の報酬、費用、支払方法)
第1項:インテリアコーディネーター業務にかかる報酬・費用負担については別紙で定め、それ以外の業務にかかる報酬・費用等については個別契約にて定めるものとしています。

第2項:乙(インテリアコーディネーター)が甲に対し、請求書をもって報酬及び費用を請求し、乙の指定した金融機関の口座に振込んで支払うものとしています。(支払日は御社のルーチンにあわせて下さい。)

第5条(自主独立、法令遵守等)
乙は、甲に雇用されて業務を遂行するのではなく、事業主として責任をもって遂行することを明記しています。

第6条(不可抗力免責)
天災地変等の不可抗力的な事由によっては、甲及び乙はその責に任じないことを定めた条項です。

第7条(守秘義務)
第1項では、乙の秘密保持義務について規定しています。
第2項では、秘密情報から除外される必要のある一定の情報については、秘密情報に含まれないことを規定しています。

第8条(個人情報の保護、顧客情報)
第1項:乙は甲の顧客・取引先の個人情報を取り扱うため、個人情報保護について、注意的に規定したものです。

第2項:顧客情報の取り扱いに関する規定です。

第9条(名称等の使用)
乙は、本件業務及びそれに付帯関連する業務(営業活動等)を遂行する際、甲の名称または商標、ロゴ、ブランド等をもってこれを行うものとしています。

第10条(権利義務の譲渡等の禁止)
本契約から生ずる権利義務の譲渡を禁止する規定です。民法上、債権者は自由に債権を譲渡することができるのが原則です(民法466条1項)が、譲渡禁止特約を付けることによって債権の譲渡性を失わせることができます(民法466条2項)。

第11条(有効期間)
※「平成  年  月  日から平成  年  月  日まで」は、「本契約締結日から平成  年  月  日まで」「本契約締結日から1年間」のように記載する方法もあります。
※実情に応じて有効期間を定めて下さい。
※有効期間を自動的に更新したくない場合は「ただし、期間満了の3か月前までに両者のいずれよりも反対の意思表示がないときは、本契約は更に満1年間自動的に継続更新されるものとし、以後もまた同様とする。」を削除して下さい。(なお、削除した場合であっても、新たに契約を締結することは任意です。)

第12条(契約解除)
本契約の約定解除権について規定し、また損害賠償請求について注意的に規定しています。民法上、相手方が契約上の債務を履行しない場合には、解除権が発生します (法定解除権、民法541条、543条)。

第13条(暴力団排除条項)

第14条(協議事項)

第15条(準拠法・合意管轄)

【別紙】
→この「別紙」を契約書とホッチキス等で綴じて、綴じ目にまたがるように当事者(甲及び乙)の契印をするか、 もしくは契印用製本テープで製本・袋とじをして、オモテ表紙とウラ表紙に、製本テープとまたがるように、当事者(甲及び乙)の契印をします。
ここでは、業務の種類ごとに報酬を設定しています。 これを報酬算定のベースとして、案件ごとに個別契約で報酬を定めていくのもよいかと思います。

業務の種類:報酬(消費税別途)
(1) ヒアリング業務;○○円/1時間(旅費交通費別途)
(2) プランニング業務:○○円/○○㎡あたり
(3) 商品選択業務:○○円/○○㎡あたり
(4) プレゼンテーション業務:○○円/1時間(旅費交通費別途)
(5) 見積り業務:○○円(旅費交通費別途)
(6) 契約業務:○○円(旅費交通費別途)
(7) 商品・素材の発注業務:○○円/商品・素材1点あたり
(8) 顧客同行業務:○○円/1時間(旅費交通費別途)
(9) 納品業務:○○円/1時間(旅費交通費別途)
(10)アフターフォロー業務:○○円(旅費交通費別途)
(11)教育・育成業務:個別契約で定める。
(12)顧問業務:毎月の顧問料として○○円/1ヶ月(月○回開催される甲の○○事業所における定例ミーティング、及びメール/Skypeでの相談を含む。その他は個別契約で定める。)
(13)個別契約で別途定める業務:個別契約で定める。

-----------------------------------
★「インテリアコーディネーター業務委託個別契約書(サンプルその1)」に含まれる条項
----------------------------------- 個別契約のサンプル(その1)です。個別の部屋のインテリアコーディネートに関する業務を委託する場合を想定しています。 (内容により、印紙税がかかる場合とかからない場合があります。)

第1条(個別契約の目的)

第2条(報酬)

第3条(個別契約に規定のない事項の取扱い)
-----------------------------------

★「インテリアコーディネーター業務委託個別契約書(サンプルその2)」に含まれる条項
-----------------------------------
個別契約のサンプル(その2)です。個別の部屋・施設のインテリアコーディネートに関する業務を委託する場合を想定しています。 (内容により、印紙税がかかる場合とかからない場合があります。)

第1条(個別契約の目的)

第2条(場所、期間、方法)

第3条(対価)

第4条(有効期間)

第5条(個別契約に規定のない事項の取扱い)
-----------------------------------
★注釈・コメント付。WORDファイル形式(拡張子 .doc)で、ご自由にカスタマイズできます。
★追加料金を支払うことにより、専門家(行政書士岡田旭) によるカスタマイズをご利用頂けます。(お見積りします。)

アートビジネス 契約書例

『契約書作成eコース』のご利用方法

1.契約書作成のご相談      ※ひながたダウンロード販売はこちら

契約書作成eコース専用のご相談フォームに記入し、送信して下さい。

電話でのご相談もお待ちしております。
電話 050-3693-0133 / 携帯 090-4499-0133 まで。
LINE公式アカウントからの無料電話もご利用下さい。
スカイプ (ID: akiraccyo)、ビデオ会議にも対応しています。

2.当事務所からの返答

メール/電話で、契約書作成に関するお問い合わせの連絡をさせて頂きます。

3.正式依頼           ※料金(費用、報酬)の目安はこちら

契約書作成を正式依頼される場合は、その旨ご連絡下さいませ。

4.「契約書」の納品

契約書の案文を、解説をつけて納品いたします。
それをもとに、契約書内容のブラッシュアップをさせて頂きます。
必要に応じ、電子メール/電話による打ち合わせもさせて頂きます。

→WORDファイルまたはRTFファイルを電子メールに添付して納品します。

→ご要望に応じ、契約書の印刷を別途料金(税別2,000円)にて承ります。

→ご依頼のキャンセルは、契約書案文の納品前までにお願い致します。

→契約書(完成品)の納品後1年間3回まで、内容を無料で修正いたします。
 不測の事態や、継続取引契約等の更新時の見直しの際、
 ご利用頂ければ幸いです。

5.ご利用代金(報酬)のお支払い

※代金のお支払いは、指定口座へのお振込みでお願い申し上げます。
(契約書の案文の納品時に、口座番号等をご連絡いたします。)
→送金手数料はご負担をお願い申し上げます。

クレジットカードによるお支払いのご案内
→クレジットによるお支払いもして頂けるようにしました。どうぞご利用下さい。

------------------------------------------
・行政書士には守秘義務が法律で定められています。安心してご相談下さい。
・契約書作成は、専門家の行政書士や弁護士に依頼したほうが安心です。
・サービス内容・代金は予告なく改定することがあります。ご了承下さい。

サブコンテンツ

提携先情報、リンク

  • 提携先のご紹介
  • 提携募集
  • このページの先頭へ