イメージ画像

2003年開業。
契約書やサイト利用規約などの作成/ひながた販売。法人設立。
様々な商取引の設計・デザイン、業務提携プロデュース。

YouTube/YouTuber,動画関連業界の取引デザイン,契約書作成

【動画市場の拡大】
通信速度の向上により動画のオンライン化が進み、様々な業界・目的で動画が利用できるようになってきました。 それにともない動画市場が急速かつ継続的に成長し、YouTubeをはじめとした動画配信プラットフォームの利用が拡大しています。

【YouTuberが収益を上げる方法の多様化】
広告収入の他にも、スポンサリング(協賛)、動画の使用許諾(ライセンス)、視聴者からの寄付や投げ銭等、収益を上げる方法が多様化しています。

【総YouTuber化】
著名人や芸能人がYouTubeチャンネルを開設しています。さらに、商品・サービスを宣伝するYouTubeチャンネルを開設する事業者が増加し、総YouTuber化の時代を迎えています。

【プロのYouTubeへの進出】
YouTubeは誰でも(アマチュアでも)自分で撮影した動画をアップロードして公開できることが特徴でした。 現在は、プロフェッショナルの映像制作会社(テレビ番組制作会社、映画制作会社、etc.)がYouTube向け動画の制作、ライブ配信/オンデマンド配信に参入しています。

【動画制作スキル修得の需要拡大】
いっぽうで、動画の制作を(外注ではなく)内製化することで、コストダウンとスピードアップを図る事業者も依然として増加しています。 すなわち、動画制作のスキル修得に関する需要が拡大しています。

【テレビでのYouTube視聴の普及】
以前、YouTubeは、PCやスマホで視聴するものでした。 現在は、ネット対応の家庭用テレビが普及し、YouTubeをテレビで視聴することも普通となりました。

当事務所は、YouTube/YouTuber、動画関連業界が必要とする取引のデザイン・業務提携プロデュースに取り組み、契約書に落とし込んでいきます。

当サイト関連ページ:
コンテンツビジネス、関連産業の契約法務
芸能プロダクション,タレント,モデル,ミュージシャンの契約書

契約書ひながたダウンロード販売

書式(雛形)のダウンロード販売をしています。注釈付きです、お役立て下さい。
この書式を基にしたカスタマイズも、別途お見積もりにて承っております。

YouTube_MCN(マルチチャンネルネットワーク)_アフィリエイトチャンネル_加入規約
※YouTubeのMCN(マルチチャンネルネットワーク)を運営する事業者(YouTuberのマネジメントを行う芸能事務所、プロダクション等)が、YouTuberに適用する規約のひながたです。
※MCN が提供するチャンネルは、「アフィリエイト チャンネル」と「O&O チャンネル」の2種類があり、この規約は「アフィリエイト チャンネル」向けの内容となっています。
YouTube_MCN(マルチチャンネルネットワーク)_O&Oチャンネル_加入規約
※YouTubeのMCN(マルチチャンネルネットワーク)を運営する事業者(YouTuberのマネジメントを行う芸能事務所、プロダクション等)が、YouTuberに適用する規約のひながたです。
※MCN が提供するチャンネルは、「アフィリエイト チャンネル」と「O&O チャンネル」の2種類があり、この規約は「O&O」向けの内容となっています。
YouTube_MCN(マルチチャンネルネットワーク)_アフィリエイト+O&Oチャンネル_加入規約
※YouTubeのMCN(マルチチャンネルネットワーク)を運営する事業者(YouTuberのマネジメントを行う芸能事務所、プロダクション等)が、YouTuberに適用する規約のひながたです。
※MCN が提供するチャンネルは、「アフィリエイト チャンネル」と「O&O チャンネル」の2種類があり、ここでご提供するのは、これら2種類に向けた規約ひながた2つをパッケージにしたものになります。
動画収録・配信業務委託契約書
※動画(映像)の収録と配信に関する業務委託契約書。
※動画・映像制作会社が、動画の配信に関するサービスも提供する場合を想定しています。
※動画の配信は、YouTube Live等の配信プラットフォームを使用することを想定しています。
動画出演契約書(インターネット、テレビ等)
※動画制作者(映像制作会社、テレビ局等)と、動画の出演者(その出演者が所属するプロダクション・事務所)とが締結する動画出演契約書です。
※インターネットで動画を配信する場合と、テレビ局で放送する場合の双方に対応しています。
動画出演契約書(インターネット・テレビ等、フリーランスモデル・タレント向け)
※動画制作者(映像制作会社、テレビ局等)と、動画の出演者(フリーランスのモデル・タレント)とが締結する動画出演契約書です。
※インターネットで動画を配信する場合と、テレビ局で放送する場合の双方に対応しています。
番組出演契約書(テレビ・ラジオ、地上波・インターネット)
※テレビ・ラジオ番組制作会社と、番組の出演者(その出演者が所属するプロダクション・事務所)とが締結する番組出演契約書です。
※電波で放送する他、インターネットで番組を配信するテレビ局・ラジオ局にも対応しています。
映画製作委員会契約書
※映画製作委員会契約書のひながたです。
※日本における映画製作のファイナンス(資金調達)で最もポピュラーな方法である「製作委員会方式」に係る契約書です。
※映画制作業務の担当について:映画制作業務を外部の事業者に委託する場合、ならびに映画の制作業務を映画製作委員会の当事者が担当する場合の双方の規定例を記載しています。
※成功報酬について:映画が所定基準以上の成功を納めた際に成功報酬を出す場合の規定例)を記載しています。
映画・映像・動画制作業務委託契約書
※映画や映像・動画の制作業務委託に関する契約書のひながたです。
※制作された映像の著作権は委託者(発注者)に帰属する内容としています。
※映画製作委員会方式の場合、映画製作委員会の契約で定められる「幹事会社」が委託者となり、制作プロダクションと、このような「映画制作業務委託契約書」を交わすことが多いです。
映画出演契約書
※映画の制作者/プロデューサーと、映画出演する俳優(契約するのは、その出演者が所属するプロダクション・事務所)とが締結する映画出演契約書です。
※この契約書ひながたが想定している契約当事者の一例を以下に記載します。
(1)前提:某映画製作委員会が映画の製作を行う。
(2)某映画制作会社(甲)は、某映画製作委員会の構成員である。
(3)某映画制作会社(甲)が某俳優(丙)に映画出演させる目的で、その俳優(丙)が所属する某芸能事務所(乙)と本契約を締結する。
映画監督契約書
※映画製作者(映画製作会社、プロデューサー等)と映画監督との間で締結する業務委託契約書です。
※映画製作者が映画製作委員会のメンバーである場合に対応しています。
音楽・楽曲の制作委託契約書
※音楽・楽曲の制作委託に関する契約書です。
※音楽家が直に制作業務を受託する場合と、芸能プロダクション等の事務所を通す場合の双方に対応しています。
音楽プロデュース業務委託契約書
※音楽プロデュースの業務委託に関する契約書です。
※レコード製作会社等が音楽原盤の製作にあたって外部の音楽プロデューサーに業務を委託する場合に向けています。
※音楽プロデューサーが直にプロデュース業務を受託する場合と、芸能プロダクション等の事務所を通す場合の双方に対応しています。
カメラマン(写真家、フォトグラファー)業務委託契約書
※カメラマンに写真・ビデオの撮影に関する業務を委託する際の契約書です。
※法人(大きなフォトスタジオ等)にも個人(フリーカメラマン)にも対応。
※単発で業務を委託するための契約書です。
カメラマン業務委託基本契約書+個別契約書
※カメラマンに写真・ビデオの撮影に関する業務を委託する際の契約書です。
※法人(大きなフォトスタジオ等)にも個人(フリーカメラマン)にも対応。
※継続して業務委託するための「基本契約書」、個別の業務を委託するための「個別契約書」のセットになっています。
施設・場所の撮影利用に関する契約書
※施設・場所の管理者と撮影目的の利用者(カメラマン等)が締結する契約書です。

YouTubeにおける マルチチャンネルネットワーク(MCN)

マルチチャンネルネットワーク(MCN)とは、複数のYouTubeチャンネルと提携し、視聴者の開拓、コンテンツのプログラミング、クリエイターのコラボレーション、デジタル著作権管理、収益化、営業などを含むサービスを提供するサードパーティ サービス プロバイダです。

YouTubeネットワークでMCNが提供できるチャンネルは、次の2種類です。
・アフィリエイトチャンネルはMCNによって管理され、アフィリエイトコンテンツ所有者に属します。
・O&Oは、MCNが所有し、運営するチャンネルです。つまり、MCNがチャンネルのYouTubeコンテンツの著作権を取得し、YouTubeのコンテンツに関するすべての法的責任を負い、O&Oチャンネルの日常的な管理を行います。

引用(YouTubeヘルプより):
マルチチャンネルネットワーク(MCN)の概要(YouTubeクリエイター向け)

※「O&O」はOwned & Operatedの略です。

『契約書作成eコース』のご利用方法

1.契約書作成のご相談      ※ひながたダウンロード販売はこちら

契約書作成eコース専用のご相談フォームに記入し、送信して下さい。

電話でのご相談もお待ちしております。
電話 050-3693-0133 / 携帯 090-4499-0133 まで。

スカイプ (ID: akiraccyo)、ビデオ会議にも対応しています。

2.当事務所からの返答

メール/電話で、契約書作成に関するお問い合わせの連絡をさせて頂きます。

3.正式依頼           ※料金(費用、報酬)の目安はこちら

契約書作成を正式依頼される場合は、その旨ご連絡下さいませ。

4.「契約書」の納品

契約書の案文を、解説をつけて納品いたします。
それをもとに、契約書内容のブラッシュアップをさせて頂きます。
必要に応じ、電子メール/電話による打ち合わせもさせて頂きます。

→WORDファイルまたはRTFファイルを電子メールに添付して納品します。

→ご要望に応じ、契約書の印刷を別途料金(税別2,000円)にて承ります。

→ご依頼のキャンセルは、契約書案文の納品前までにお願い致します。

→契約書(完成品)の納品後1年間3回まで、内容を無料で修正いたします。
 不測の事態や、継続取引契約等の更新時の見直しの際、
 ご利用頂ければ幸いです。

5.ご利用代金(報酬)のお支払い

※代金のお支払いは、指定口座へのお振込みでお願い申し上げます。
(契約書の案文の納品時に、口座番号等をご連絡いたします。)
→送金手数料はご負担をお願い申し上げます。

クレジットカードによるお支払いのご案内
→クレジットによるお支払いもして頂けるようにしました。どうぞご利用下さい。


・行政書士には守秘義務が法律で定められています。安心してご相談下さい。
・契約書作成は、専門家の行政書士や弁護士に依頼したほうが安心です。
・サービス内容・代金は予告なく改定することがあります。ご了承下さい。

サブコンテンツ

提携先情報、リンク

  • 提携先のご紹介
  • 提携募集
  • このページの先頭へ